obmブログ | 大阪バイオメディカル専門学校
 全 1 件 ( 1 / 1 )  1 |

12/23(月) 環境分野の企業様にインタビュー(卒業生編)

卒業生の勤務先で取材させて頂きました
取材したのはバイオ学科9期生のNさん。
就職先の株式会社アイ・メッツの人事の方から、なんと!Nさんが親会社にあたる株式会社エステムに今月から転籍することになったとご連絡を頂いたのです

株式会社エステムは、水処理施設など環境プラントの維持管理、設計、水質分析を主業務とされている企業様で、新卒採用では大学卒以上が条件
専門学校卒で転籍を果たしたのはobm卒業生では初の実績、ということで、早速取材に行ってきました

Nさん(大阪府 私立 大阪夕陽丘学園高等学校出身)
バイオ学科2015年卒業
【勤務先】株式会社アイ・メッツ
     (今月から株式会社エステムに転籍)
【職種】技術職


「Nさん、こんにちは。ひさしぶりですね。
今日はよろしくお願いします。」

「ご無沙汰しています。
こちらこそよろしくお願いします。」

「まずは、Nさんが携わっている仕事の内容を教えてください。」

「はい。私はPCB(ポリ塩化ビフェニル)の無害化処理とその分析を担当しています。
具体的には、洗浄液などにPCBが含まれていないかどうかを、ガスクロマトグラフィーを使って解析する作業です。」

「PCBというと、以前は電気機器などに幅広く使用されていたもので、人体への悪影響と健康被害が明らかになって製造が禁止されたのでしたよね。」

「そうです。国内ではPCB処理事業所ごとに処理完了期限が定められいて、最長でも2025年度までに高濃度PCB廃棄物の処理を完了することになっています。
世界的な規制の取り組みも始まっていて、国際条約も結ばれているんです。」

環境に関わる重要なお仕事ですね。
環境の分野には昔から興味を持っていたのですか?」

「はい。高校生の頃、テレビのニュースなどで環境問題や地球温暖化に関するものを見かけて、その深刻さを実感するようになり、環境を保全し、温暖化防止に関わる仕事がしたいと考えるようになりました。
obmへの入学を決めたのも、環境に関する分野の技術が学べるからなんです。」

「そうだったんですね。
希望の分野での仕事ができているということだと思いますが、特に仕事のやりがいを感じるのはどんなときですか?」

「分析の業務では、さまざまなサンプルが送られてくるのですが、いつもとは違う形状でサンプルが届く場合があります。
そんな時は、どのように分析を進めるか考えるところから作業を進める必要があるのですが、その作業を任せて頂いて、うまくいったときが一番やりがいを感じる時ですね。

もちろん、班長や職長など上司の方に相談しながら進めるのですが、通常の仕事を問題なくできるようになってはじめて任せて頂けるようになってきましたので、成長していることを実感できる機会にもなります。」


「仕事をする上で、学生時代のどのような学びが役立っていますか?」

様々な実験の手法や、その楽しさをたくさん教えて頂けたことですね。
在学中にした卵のアレルギー物質を調べる実験などは今でもよく覚えています。

使っている機材は学生時代のものとは異なりますが、その原理は共通していますので、入社して1ヶ月ほどで機器の操作や業務にもなれることができました。」

「技術職だからやっぱりそこは大切ですよね。

次は転籍についてお伺いします。
転籍にあたっては資格の取得が必要だったとお聞きしたのですが、どんな資格を取得されましたか?」

「はい。特に取得を推奨されている資格は次の3つです。
・公害防止管理者(水質関係第1種)
・下水道技術者検定
・浄化槽管理士
私はそのうち公害防止管理者と下水道技術者検定の2つを取得しました。」

「入社した頃から、資格はがんばろうと思っていたのですか?」

「はい。業務でも必要になりますし、PCB事業所は処理期限が決まっていて、期限終了後には次の配属先に進むことになりますので、その時の武器として積極的に資格を取っておきたいと考えました。」

「なるほど、そういうことも考えられたのですね。
それにしても働きながら資格試験の勉強をするのはなかなか大変でしょう?」

「もちろん試験勉強はがんばらないといけませんが、資格取得は、会社からも手厚くバックアップして頂けるんです。
業務中にも空き時間ができれば資格試験の勉強をさせて頂けますし、先輩方がわからないところを教えてくださいます。受験費用も負担していただけるんですよ。」

「おお、それはありがたいですね。
資格取得が、親会社である株式会社トステムへの転籍決定の決め手だったんですよね。」

「そうお聞きしています。
転籍のお話しは突然頂いたのですが、正直に言うと、自分が選ばれていいのかな、という気持ちの方が強かったです。私より勤務年数の長い先輩もおられましたので、本当に意外でした。

私の力で足りるのか心配な部分もあるのですが、選んでいただいた限りはがんばります!」

「力強くていいですね!
では転籍してからの今後の目標も伺っておきましょう。」

「はい。事業所がたくさんありますので、様々な事業所で業務経験を積んでいきたいと考えています。
そのうちに大阪の事業所にも行ければいいな、とは考えていますが、どこでどんな業務をするにしてもがんばってやっていきたいです。

あと、資格の面では、毒物劇物取扱者試験にチャレンジしたいと考えています。」

「前向きなコメント。在学中と比べてもとても頼もしくなりましたね。ありがとうございます。

ではここからはobmのことをお聞きします。
obmで学ぼうと思ったきっかけは?」

「いろんな学校が集まるガイダンスのブースで話を聞いて、環境系の仕事をめざせることを知ったのが最初のきっかけです。
交通費の補助として図書カードが頂けると聞き、軽い気持ちで友だち3人と一緒にオープンキャンパスに参加しました。

オープンキャンパスで講師の先生と在校生の先輩の姿を見て、明るくてアットホームな学校だし、自分も先輩方のようにコミュニケーション能力を高めたいと思いました。
大学も見学に行ったのですが、受験の段階では専門学校を選びました。」

「obmにいた頃に印象に残っている先生からのアドバイスはどんなものですか?」

「就職対策の授業で聞いた、『内定を頂いたら、そこで最低3年間は勤めなさい』という言葉を、入社してからいつも心に留めて仕事をしてきました。
振り返ってみると、最初は慣れないこともあった中で順調にここまで働いて来られたのは、その言葉を思い出しながら頑張ってこられたからだと思います。」

「継続してしっかりがんばってきたことが、今回の転籍のお話につながったんですね。
それでは最後に、進路を検討している高校生や後輩へのメッセージをお願いします!」

obmは、アットホームで、積極的に努力すれば、いろんなチャンスがつかめる学校です!
ぜひ入学してください!」

「Nさん、ありがとうございました!
これからの活躍にも期待しています!」



次回は、Nさんを採用頂いた株式会社アイ・メッツの採用ご担当者様にお話を伺います。
お楽しみに♪



医薬品・細胞培養・遺伝子・化粧品・食品・環境など
ライフサイエンスのあらゆる分野で活躍する
バイオ技術者を育てるobmのバイオ学科

オープンキャンパスは毎週末開催中



オープンキャンパスお申込み

パソコン・携帯で簡単予約

お手軽に電話で申込み
0120-68-3125

LINEでのお問い合わせも大歓迎
友だち登録して、トークで話しかけてね
友だち追加数




DATE:12/23(月) By 広報 今村

 全 1 件 ( 1 / 1 )  1 |