学費・各種制度

学費一覧

<全納の場合>

学科名 入学金
(入学時のみ)
授業料(年間) 施設・設備費 合計
バイオ 100,000円 980,000円 200,000円 1,280,000円
バイオ技術 980,000円 100,000円 1,180,000円
医療事務総合 900,000円 100,000円 1,100,000円
医療福祉心理 900,000円 150,000円 1,150,000円

<分納の場合>

学科名 入学金
(入学時のみ)
授業料
(初回)
施設・設備費 前納分合計
(入学時)
後期分合計
バイオ 100,000円 490,000円 200,000円 790,000円 490,000円
バイオ技術 490,000円 100,000円 690,000円 490,000円
医療事務総合 450,000円 100,000円 650,000円 450,000円
医療福祉心理 450,000円 150,000円 700,000円 450,000円

学費の納入と諸費用に関する注意事項

  • 学費は年間分を一括で納入することが原則ですが、授業料を2回に分けて納入する2分納も可能です。
    2分納の場合、残りの授業料は7月末日までに納入してください。(2年次・3年次の授業料についても、原則全納ですが、2分納も可能です。)
  • 学費納付書(振込依頼書)は、合格通知に同封し送付します。
  • 入学金及び学費は、合格発表後10日以内に納入してください。ただし、特別な事情がある場合は、申請の上、承認を受けた者は入学金のみ納入し、残金を2月末までに支払うこともできます。(併願受験の者は、授業料、施設・設備費を併願校最終合格発表日から3日以内に納入)
  • 合格発表日が3月1日以降の場合、学費の最終納入期限は上記3に限らず、指定された期日までに全額納入してください。
  • 上記のほかに、以下の諸費用が別途必要となります。
    実習諸費(バイオ学科 300,000円・バイオ技術学科 150,000円・医療事務総合学科 50,000円・医療福祉心理学科 200,000円)、学事行事費(30,000円)、教科書・教材費(10,000~70,000円程度)、各種検定料(実費)、ロッカー使用料(1,000円)、教育充実費(17,500円)等[年間]
    諸費用については、一括全納です。諸費用納付書(振込依頼書)は合格者に2月上旬に送付しますので、2月末日までに納入してください。
  • バイオ学科・バイオ技術学科は授業等で使用するノートパソコン(本校指定機種)の購入が必須となります。ノートパソコン購入費は100,000円(税込)で、本体価格のうち100,000円を超える金額は本校が負担いたします。また、入学後半年間はパソコンの所有権は本校にあるものとし、年間学費を完納した場合に限り、所有権を譲渡いたします。パソコン購入費が減免となる特待生制度もありますので特待生制度のページをご参照ください。
    [参考]2018年度生 指定機種 東芝 dynabook RX73
    ※パソコンのメーカー・モデルは変更することがあります。
  • 指定された期間内に入学手続きを完了しないときには、合格が取り消される場合がありますのでご注意ください。ただし、特別な事情があり、その旨を入試広報部に連絡をし、承認を受けた者はこの限りではありません。
  • 納入済みの選考料、学費および諸費用は理由のいかんを問わず返金できません。ただし、2019年3月31日までに入学辞退の手続きをされた場合は、入学金を除く学費および諸費用を返還します。

より充実した学生生活のために「学費サポート」

学費サポートやより充実した学生生活のための支援制度で、将来に意欲のある学生の”学び”を応援します。

obm特待生制度

obm特待生試験を受験し、その結果により入学時学費を減免する制度です。特待生に選ばれた場合、最大で50万円を減免。以下、試験結果により30万円、20万円、10万円の減免になります。

試験内容 筆記試験
特待生特典 入学時学費50万円減免(最大)

※受験を希望される方は入学志願書の「obm特待生試験」欄の「希望する」にマルをしてください。


特待生制度はほかにもありますので、詳しくはこちらのページをご覧ください。

obm特待生制度

兄弟姉妹割引制度、親族・親戚割引制度などがあります。詳細は入試広報部までお問い合わせ下さい。

佐藤学園 奨学金制度

毎年4月に、進級した学生の中から以下の奨学金制度を導入し、佐藤学園奨学生を選抜します。
成績が最優秀かつ、他の学生の模範となるなど、総合的に優秀な学生に奨学金を恵与します。

最優秀者 1名に毎月3万円を恵与(4月~3月)
優秀者 5名に毎月1.5万円を恵与(4月~3月)

※以上は該当する者がいる場合の最大の人数です。

国の教育ローン<(株)にほん栄作金融公庫>

国および公共機関でも教育ローンを用意しています。教育ローンの融資に関するご案内です。

利用資格 専修学校への入学生および在学生の保護者で、年間収入が下表の金額以内。
※その他の親族または本人でも利用できる場合もあります。
※変更される場合があります。
融資額 学生1名につき350万円以内
利率 年率1.76%(固定)2017年11月10日現在
※ただし金融情勢により変更する場合があります。
返済期間 15年以内
(交通遺児家族または母子家庭については、18年以内)
据置期間 在学期間以内(返済期間に含まれる)
保証 保証人1名または(財)教育資金融資保証基金
※基金による保証には保証料がかかります。
返済方法 ・毎月元利均等返済
・ボーナス月額返済(融資額1/2以内)

<利用資格金額>

子供の人数 給与所得者(事業所得者)
1人 790万円(590万円)
2人 890万円(680万円)
3人 990万円(770万円)
子供の人数 給与所得者(事業所得者)
4人 1,090万円(870万円)
5人 1,190万円(970万円)

詳しくは国の教育ローンコールセンターまでお問い合わせください。

0570-008656:ナビダイヤル

0570-008656:ナビダイヤル

03-5321-8656 ※上記番号が利用できない場合

03-5321-8656※上記番号が利用できない場合

提携信販会社の教育ローン

入学金や授業料等のお支払いにご利用いただける提携教育ローンのご案内です。

<株式会社オリエントコーポレーション>

利用資格 本学へ入学または在学する学生様の親権者(法定代理人)で、安定した収入のある方
※ご契約にはオリエントコーポレーションによる審査がございます。
利用限度額 10万円以上500万円以内(ご利用合計額)。
利率 実質年率3.9%(固定金利)
※2017年4月1日現在
利用対象 入学金・授業料・教材費・実習費等、本校への納付が必要な学納金。
※入学時だけでなく、在校生の方もご利用可能です。
手続き方法・詳細 パソコンで簡単にお手続きや返済シミュレーションが可能です。
(以下をクリックすると、それぞれオリコ学費サポートプランobm専用ページへ移動します。)
備考 在学中は元金を据え置き、手数料のみのご返済とするステップアップ分納方式もお選びいただけます。

独立行政法人 日本学生支援機構奨学金制度

※「第一種奨学金」と「第二種奨学金」があり、どちらでも選択できます。※入学後、4月に申請手続きの説明会を実施します。詳細は、本校入試広報部までお問い合わせください。
人物および学業成績優秀で、経済的な理由から修学が困難な者に対して、校長の推薦を受けた申込者の中から選考の上、日本学生支援機構奨学金が貸与されます。
※ 住民税非課税世帯学生については、給付型奨学金制度もあります。

在学採用の概要 第一種 第二種
申込資格
  • ・高等学校最終2か年または専修学校高等課程最終2か年の成績の平均が3.2以上で経済的理由により修学が困難な者
  • ・日本学生支援機構の定める収入限定額内であること

※家計の目安は4人世帯で
給与所得者:824万円程度
給与以外の所得者:416万円程度

  • ・勉強意欲があり、経済的理由により修学が困難な者
  • ・日本学生支援機構の定める収入限定額内であること

※家計の目安は4人世帯で
給与所得者:1,167万円程度
給与以外の所得者:759万円程度

手続き方法 入学後の奨学金説明会にて申込み用紙配布
種類 貸与
内容 金額 自宅通学:月額2万円・3万円・4万円・5.3万円から選択
自宅外通学:月額2万円・3万円・4万円・5万円・6万円から選択
月額3万円・5万円・8万円・
10万円・12万円から選択
利息 無利子 有利子(上限3.0%)
返還方法 卒業後、月賦または月賦・半年賦併用で自動引き落としにより返還
(返還期間は貸与年数・金額による)

高等学校予約採用申込制度

  • ※高等学校在学中に奨学金のご予約ができます。予約採用の申込みは例年5月中旬頃から始まりますが、申込期間、締切日は各高等学校により異なりますので、高等学校の奨学金担当の先生にご相談ください。

学生保険について

本校では、カリキュラムに実習等を多く組み込んでいることから、より安心して実習等を取り組んでいただくために学生保険への加入を義務づけております。原則として、保険への加入は入学前に手続きを行っていただきます。

学割について

電車やバス、地下鉄などの各種交通機関の学生割引が適用されます。

就職条件

修業年限2年以上の専門課程卒業者は、国家公務員採用時に短期大学2年課程卒業と同等の資格条件で取扱われます。[内閣人事院・細則給実甲326]

専門士制度

バイオ学科、バイオ技術学科、医療事務総合学科、医療福祉心理学科の専門課程修了者に対して「専門士」の称号が与えられます。

専門士制度

本校における「専門士」の称号が与えられる学科から、大学への編入学が可能です。 (平成10年、学校教育法の一部改正による)